交通事故の慰謝料ガイド

交通事故の慰謝料支払い

交通事故の慰謝料と保険会社の対応

交通事故を起こすと損害賠償が発生しますので、相手の車両の修理費用や慰謝料の支払いが出てきます。金銭や健康状態が絡む事象のため、当事者同士では解決が困難となる状況がありますので、当事者同時が直接交渉することはほとんどないのが現状です。 現在の自動車保険では、保険会社が示談交渉を行うため、本人は交渉を行わなくても良い訳ですが、示談交渉サービスが保険に付いていない場合は本人が行うことになります。ほとんどの自動車保険では示談交渉サービスが付いているため、保険会社が交渉などの対応に当たることになります。 交通事故の慰謝料は事故の内容によっても異なりますが、基本的には過去の事例を基に算出されるため、当事者同士の感情や保険会社の思惑が影響されないという特徴があります。公正な目線で判断が行われるため、保険会社の担当者によって慰謝料や損害賠償の内容が変わることは無いのです。しかし担当者の交渉能力や人間性などによって解決までの時間が変わることがあるため、経験豊富な担当者が必要なのです。

交通事故の慰謝料振込

交通事故に遭遇し、けがを負って治療している間、仕事ができなくてやむなく休業しても、その代償は給料日に振り込まれるわけではありません。通院や入院にかかる費用も、その都度もらえるわけではなく、いったん自費で支払ったのち、交通事故の慰謝料とともに振り込まれるのです。 働けず、収入が止まってしまうのに、支出だけあるという状態では、少しでも早く現金をほしいと困窮しても仕方がありません。保険会社は被害者の焦りを逆手にとって、示談交渉を有利に運んで、慰謝料を少なく見積もってきますから、目の前の金額にあわてて了承するのは得策ではないのです。 正当な慰謝料を得るためには、多少きつくてもなんとかふんばって、毅然とした態度で向かうべきです。素人が知識もなく対応するのが難しいのならば、さらに出費が重なることになりますが、いっそ交通事故を専門としている弁護士に依頼し、交渉にあたってもらうのも賢明な手段です。 慰謝料は示談が終わったのち、一週間から10日ほどして振り込まれるのが一般的ですから、経済的に困窮するでしょうが、少しでも早くほしいと焦りすぎると足元を見られるのです。

弁護士に相談しよう


Copyright(c) 2011 交通事故の慰謝料ガイド. All Rights Reserved.